ヒュセイン・ジャン・エルキンアンカラ大学教授・日本語・日本文学科学科長に対する令和元年度外務大臣表彰の授与

2020/1/22
1月22日,ヒュセイン・ジャン・エルキン・アンカラ大学教授・日本語・日本文学科学科長に対して令和元年度外務大臣表彰を授与いたしました。
 
ジャン教授は,川端康成,大江健三郎,太宰治,谷崎潤一郎,安部公房,村上龍,村上春樹等の近現代の日本文学界を代表する作家作品から,漫画「Death Note」に至るまで,幅広い分野の作品のトルコ語翻訳及び出版に携わり,トルコ社会一般への日本文学及びポップカルチャー文化の普及に貢献してきました。また,長年にわたりアンカラ大学教授として,日本語,日本文学,日本史等に関して教鞭を執りつつ,同分野における多くの論文の執筆等を通じて,トルコにおける日本語教育と対日理解の促進に大きく貢献されました。 
 
外務大臣表彰は、我が国と諸外国との友好親善関係の増進において特に顕著な功績のあった個人及び団体について、その功績を称え行われるものであり、今年度は国内外から個人206名,63団体が表彰されました。
外務省報道発表
https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_007608.html