ガズィアンテップ市における下水道処理施設の完成式典

2021/12/1
11月26日、ガズィアンテップ市において、鈴木駐トルコ大使は、ファトマ・シャーヒン・ガズィアンテップ市長、井黒JICA事務所長らとともに、日本の円借款事業の「地方自治体インフラ改善事業」で実施した下水道処理施設の完成式典に出席しました。

この事業は、トルコが370万人という世界最大のシリア難民受け入れ国である中で、近年、市の人口の約20%超が難民となっているとの現状を踏まえ、地域住民の皆様の難民の受け入れに伴う負担軽減に寄与することを目的としています。

当日は多数の地元当局者や関係者が集まり、施設が完成したことを喜ぶとともに、事業を実施したガズィアンテップ市水道公社や事業に参加した日本政府・JICAに対する感謝の意が表されました。