ワクチン接種証明書保持者に対する入国後・帰国後の待機期間について

2021/10/25
本年10月8日に決定された「新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置(ワクチン接種証明書保持者に対する入国後・帰国後の待機期間について)」に関し、有効と認められる新型コロナウイルス感染症に対するワクチン接種証明書発行国・地域に、下記の8カ国が新たに追加されました。
 
ジョージア、トルクメニスタン、バチカン、韓国、ブルネイ、グアテマラ、アラブ首長国連邦、バーレーン
 
なお、これらは10月28日午前0時以降有効となります。詳細は下記リンクよりご確認下さい。
 
ワクチン接種証明書保持者に対する入国後・帰国後の待機期間について(要旨):https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/20211025.pdf