【10月1日開始】ワクチン接種者に対する日本入国時の水際対策緩和(新型コロナウイルス関連情報(第111報):9月29日)

2021/9/29

1 日本政府の新たな水際対策措置により、10月1日以降、日本入国時に検疫所に対し、必要条件を満たした有効な新型コロナワクチン接種証明書(写し)を提出する場合、以下の緩和が適用されることになりました。

ただし、有効なワクチン接種証明書を提出しない場合は、従来通りの待機が求められます。

(1)検疫所が指定する宿泊施設での3日間待機の免除

検疫所指定の宿泊施設での3日間の待機と入国後3日目の検査が免除されます。

(2)日本入国後14日間の自宅等での待機期間からの短縮

入国後10日目以降に自主的に受けた検査(PCR検査又は抗原定量検査)の結果が陰性だった場合、その結果を入国者健康確認センターに届け出ることで、残りの待機期間が短縮されます(これにより最短で10日間の待機となります)。

ただし、同検査受検のためであっても、公共交通機関の利用は認められませんのでご注意ください。

 

2 有効と認められる外国で発行されたワクチン接種証明書について

(1)トルコにてワクチン接種した方は、ビオンテック(ファイザー)製のワクチンを2回接種し、2回目接種から14日を経過したことが分かるワクチン接種証明(電子証明)が必要です。シノバック製のワクチン接種証明は認められませんのでご注意ください。

(2)本件緩和措置の適用のためには、HESアプリ(★)からワクチン接種証明を作成の上、

ア 事前に紙媒体に印刷し、入国時に本邦検疫所に提出

イ 入国時に、検疫所が指定するメールアドレスへ接種証明書の電子媒体を送付

いずれかの方法で提出する必要があります。なお、指定のメールアドレスや送信タイミング等は検疫所へご確認ください。

★トルコ保健省案内(英語):https://hayatevesigar.saglik.gov.tr/index-eng.html 

(3)日本にてワクチン接種した方は、本邦入国時に同ワクチン接種証明の写しを本邦検疫所に提出ください。

(4)日本、トルコ以外でワクチン接種した方は、接種国の日本大使館または本邦厚労省にお問い合わせください。

 

3 留意事項

(1)ワクチン接種者であっても、日本入国フライト72時間以内のコロナ陰性証明は、引き続き必要ですのでご注意ください。

参考:https://www.istanbul.tr.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00360.html

(2)ワクチン接種証明を所持しないお子様については、接種証明を所持する親が同伴しても、本件緩和措置は適用されません。

なお、接種証明書を所持する親が、証明のない子どもに同伴するために検疫所の指定施設で3日間待機することは可能とのことですが、詳細は厚労省へご確認ください。

(3)本件措置は今後変更される可能性がありますので、引き続き最新情報の入手に努めてください。

(4)本件詳細につきましては、以下のサイトをご確認ください。

○ワクチン接種証明書の写しの提出について(厚労省)

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00307.html

○自宅等待機期間等の短縮について(QA)(厚労省)

https://www.mhlw.go.jp/content/000836678.pdf

○ワクチン接種証明書保持者に対する入国後・帰国後の待機期間について(外務省)

https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2021C128.html

 

(本件問い合わせ窓口)

○厚生労働省新型コロナウイルス感染症相談窓口(検疫の強化)

日本国内から:0120-565-653

海外から:+81-3-3595-2176(日本語、英語、中国語、韓国語に対応)

○本邦検疫所

羽田空港:+81-3-6847-9312

成田空港:+81-476-34-2310

関西空港:+81-72-455-1283