イスタンブール空港における搭乗拒否事案の多発(新型コロナウイルス関連情報(第54報):7月21日)

2020/7/21
●昨今、イスタンブール空港において、本邦以外の他国に向かう国際線フライト(乗り継ぎ含む)に、航空会社によって邦人の搭乗が拒否される事案が多発しております。

●渡航先の国によっては、本邦からの日本人の直接の入国は支障なくとも、トルコからの日本人の入国は認められない可能性もあるため、本邦行を除くイスタンブール発の国際線フライトに搭乗予定の方は、事前の渡航先の入国可否確認に加えて、航空会社にも必ず搭乗可否をご確認ください。

●当地から国際線に搭乗される際(特に乗り継ぎ)、渡航先に入国できることを示す資料(渡航先政府のHP等)を事前に準備しておくことをお勧めします。

●日本外務省からは、全世界に対し海外危険情報レベル2「不要不急の渡航はやめてください」、またトルコ含む146カ国・地域に対し感染症危険情報レベル3「渡航はやめてください」が発出されていますので、改めてご留意のほどお願いいたします。

(海外危険情報)https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/info0325.html

(感染症危険情報)https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pchazardspecificinfo_2020T112.html