大使挨拶

本欄に画像を表示

本欄に画像を表示

 大使館のHPを訪問して下さり,ありがとうございます。
 
 昨年9月に赴任してから,あっという間に半年が経ちました。この6か月間,イスタンブール,クルシェヒルガージアンテプ,アンタルヤ,テキルダー,ネヴシェヒル,ブルサ,イズミル,マニサ,シノップ,オスマニエ等,多くの都市を訪れ,地元の方から温かい歓迎を受け,また名物料理に舌鼓を打ち,トルコの魅力を改めて実感しています。日本の人々にトルコの多様な魅力を伝えたい。この気持ちは,ますます強まっております。まさに日本とトルコは「Two nations, one heart」だと感じます。

 また,トルコが350万人ものシリア難民を受け入れている,という事実を知り,大変驚きました。困窮する難民の方々に対し,真摯な取り組みを続けるトルコの皆様の人道的精神に,心より敬意を表します。日本政府としても,トルコにおける難民支援として,これまで約522百万ドルを供与してきました。シリア危機が長期化する中で,トルコに定住することを選択する難民も出てきており,トルコ社会への統合も課題になります。今後も,トルコ政府と協力しながら,日本の強みを活かした取り組みを進めていきたいと思います。

 難民問題だけでなく,経済や科学技術,防災等,トルコと日本の間には様々な協力の可能性があります。こうした可能性の芽を一つずつ拾い,トルコの皆様と共にこれを育て,さらなる協力の花を咲かせていきたいと考えています。

 今年は2月から3月にかけて,日本祭りを実施し,日本に対する関心の高さを改めて感じました。今後も,トルコの皆様に日本にさらに親しみを持っていただけるような文化イベントを提供し,日本の皆様にもトルコの魅力を伝えることで,日トルコ相互の人的交流をさらに活性化させていきたいと思います。
2018年3月
宮島 昭夫
 
  
過去の大使挨拶(2017年9月)