領事メール4月10日(治安情報)

領事メール4月10日(治安情報)

ISIL(イラク・レバントのイスラム国)は、4月6日に発行された広報誌「ルーミーヤ」において、4月16日に予定されている憲法改正に関する国民投票の投票所をテロ攻撃の対象とするよう呼びかけを行っています。安全の確保のため、国民投票の投票所へはできるだけ近づかないようご注意ください。
 
トルコにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ
在トルコ日本国大使館
 
1 ISIL(イラク・レバントのイスラム国)は、4月6日に発行された広報誌「ルーミーヤ」において、トルコの世俗主義や民主主義を非難するとともに、4月16日に予定されているトルコ憲法改正に関する国民投票について言及し、「トルコ人は国民投票に参加すべきではない。投票所を忌避し、投票者を批判すべき。全ての投票所を標的として欲しい。」などと国民投票の投票所をテロの対象とするように呼びかけを行っています。
 
2 なお、投票所は、都市部では各地区の公立の小・中学校等が指定されているほか、地方の村では集会所等が指定されています。安全の確保のため、国民投票日は投票所へは近づかないようお願いします。また、投票日前や投票日以後であっても、上記内容を踏まえ、国民投票に関係する集会や場所等には近づかないようお願いします。

在トルコ日本国大使館
領事班
代表電話:0312-446-0500(領事班内線番号:291,258)